一斤染(いっこんぞめ)
R:245G:177B:153(#f5b199)
"一反の布で染料のベニバナ(=高価)を一斤しか使わない(染料が少ない!)。ごく淡い紅色 。別名→聴色(ゆるしいろ)。平安時代の文学では、下級の官人が着ていた色。"
R : G : B :