桜鼠(さくらねず)
R:233G:223B:229(#e9dfe5)
平安時代。『古今和歌集』にある歌から。「深草の野辺の桜し心あらば今年ばかりは墨染めに咲け」。親しい人が亡くなると、喪(鈍色)に服するものだから、せめて今年だけはこの美しい桜も墨色がかったような桜鼠の色に咲いてくれ。
R : G : B :